ドルトンランべス ストーンウエア 花器 2-1

CE013

24,200円(税込)

英国ドルトン社の花器です。もともとぺアで製作されたものです。(2-1、2-2)
左右対称の美を求める西洋の装飾。古い花器、照明などペアでチェストの上などに飾られることが多かったようです。
1815年にロンドン・テムズ川近くの町ランべスで創業されたドルトン。創業当時から本品と同様のストーンウエアにてビールのピッチャー、水差しなどを製作していました。ただし、色調は茶を基調としたもので、実用品が主だったようです。大量生産から高級路線へとドルトンが舵を切ったのは2代目ヘンリードルトンの時代。ランべス美術学校の生徒の技術を生かしてアートポッタリーの製作を始めます。その後もボーンチャイナの導入を図ったりしながら、大きく成長をしていったドルトンですが、今でもドルトンのストーンウエアは英国の人々に愛され続けています。
本品は美しい花装飾の小ぶりの花器です。裏印を見てみますと1891〜1956年の間に作られたものであることがわかります。同時に”gs”と読めるものがデザイナーサインで、”Georgie Smith”20年代から30年代にかけて活躍した女性デザイナーのものではないかと思います。
丁寧な装飾と美しい色彩の組み合わせが魅力的な品です。
高さもあまり無く口径もしっかりあるので、もの入れとして砂糖・飴・佃煮、またポプリなど入れて飾っておいても素敵です。
型番CE014は本品とペアで買い付けたものであり、同様の仕様です。

【サイズ】口径 約9センチ
     最大幅 約11センチ
     高さ 約7.7センチ
【素材】 セラミック
【ご注意】
※本品は古い品物です。大きなダメージはありませんが、細かい傷、擦れなどございます。古物の経年劣化をご理解いただける方のご購入をお願いいたします。
※画像と実物の色が多少異なる場合がございます。
※本品は店頭にても陳列をしております。販売済みの際には速やかにsold out の表示をさせていただきますが、場合によってはオーダーをいただいた後でキャンセルをさせていただくことがございます。ご了承ください。