英国製シルバーバターナイフ

SL003 

19,800円(税込)

19世紀半ばに英国でつくられた美しいシルバーバターナイフです。ハンドル部分と刃先をジョイントさせたつくりのため、それぞれにホールマークがつけられています。ハンドル部分にはシェフィールド1856〜57年のもの、刃先にはバーミンガム1856〜57年のもの、共に当時の君主ヴィクトリア女王のDUTY MARKがつけられています。中空つくりのハンドルは手馴染みが良く、表側には持ち主のイニシャルと思われるモノグラムが、裏側には”1890”と記されています。ホールマークの年号と異なるため、1890年にこのナイフの持ち主に何か記念すべきことがあったのではと想像します。全体的に極めて良好な状態です。

【サイズ】全長19
     重さ35.6g

【素材】本体925スターリングシルバー
    箱木製

【ご注意】
※本品は古い品物です。大きなダメージはありませんが、細かい傷・すれなどがございます。古物の経年劣化をご理解いただける方のご購入をお願いいたします。
※画像と実物の色が多少異なる場合がございます。
※本品は店頭にても陳列をしております。販売済みの際には速やかにsold outの表示をさせていただきますが、場合によっては表示が間に合わず、オーダーをいただいた後キャンセルをさせていただくこともございます。どうぞご了承ください。