ウランガラスボール

GL-001

13,200円(税込)

ウランガラス(uranium glass)とは微量のウランを着色剤として加えたガラスです。
1830年代にボヘミア地方でつくられはじめたといわれています。

ウランが原子力に利用されるようになる1940年代になると製造がストップします。
ブラックライトをあてると蛍光色に光ることで知られています。
蛍光色の光も独特で美しいですが、自然の光のなかでみせる柔らかな色合いもとても魅力的です。

本品は黄色系のウランガラスにオパールセントを加えた優しいイメージです。
ぽってりとした厚みがありおおらかな印象を持つ器です。
いくつか傷があります。10番目の写真の傷が一番目立つものです。6角形をしている本品の一番突起している部分(5番目の写真と同様の部分)それぞれに小さな傷が見受けられます(5番目、7番目写真)。位置が同様であること、傷の中にススのような黒い色が付いており、洗っても落ちないことから製作過程において付いたものかもしれません。ガラス特有のよれ(しわのようなもの、3番目の写真)、糸底にもかなり細かい擦れが多く見られます(8番目写真)。



【サイズ】上部直径約12.5cm×高さ5cm
【素材】ガラス

【ご注意】
※こちらは古い品物です。大きなダメージはありませんが、細かい傷・すれなどがございます。
 古物の経年劣化をご理解いただける方のご購入をお願いいたします。
※画像と実物の色が多少異なる場合がございます。

※本品は店頭にても陳列をしております。
販売済みの際には速やかにsold outの表示をさせていただきますが、場合によっては表示が間に合わず、オーダーをいただいたあとでキャンセルをさせていただくこともございます。どうぞご了承ください。